こんにちは!
癒しの綴り屋兎丸堂の黒田です(*・ω・)ノ
ちょうど『もののけ姫』観たかったから嬉しい(*´∇`*)


私は何を隠そう、ジブリ大好き人間であります(・∀・)


この動画のお陰で『風の谷のナウシカ』に影響を与えた小説の存在を知りまして、

「それなら読まねばなるまい!」と思い、さっそく読んでみました!

それがこの…

『地球の長い午後』という作品。
価格:924円(税込、送料無料) (2021/7/16時点)


1962年にイギリスで出版されたSF小説です。

作者はブライアン・オールディス

ヒューゴー賞というのを受賞しているし、有名な作品らしいので図書館にあると思います(・∀・)


それでは、あらすじ・感想いきまーす!


あらすじ

the-1865639_640

太陽が膨張して爆発しそうなうえ、地球も自転を止めてしまった、はるか未来の話。
昼の世界は食肉植物に支配されており、そんな環境に適応するために、人類は虫ぐらいの大きさに進化していた。
そんな中、主人公の少年・グレンは、知能を持つキノコに寄生され、知恵を身につける。
だがキノコの思い通りに事は進まない。

グレンとキノコの傲慢で自分勝手、そして短気な性格が災いして、
小説の大部分は、グレンとキノコ、そしてそんな二者に振り回される不幸なヒロインの放浪の旅の様子を描いた物語である。








感想 ストーリー展開について


良い意味でも、悪い意味でも「予測のつかないストーリー」だった。

名前付きで重要人物のように出て来た人がすぐに死んだり、

「この娘がヒロインか」と思ってた人が途中から離脱してそれっきりだったり、
「伏線だと思わせるものが全て無意味」というか「通り過ぎただけの出来事」「その出来事が起こったから文章にされた」にすぎないという…。


例えば…

殺人事件が起きた!


事件の調査



幽霊が出た!


幽霊の調査


幽霊の正体は、昔この地で起こった殺人事件の被害者だった!
そしてその犯人が再び犯行に及んでいるのを知らせるため、幽霊は姿を現したのだった!


こんな感じで《全てが最後で繋がる》というのが、物語というものだろう。

しかし『地球の長い午後』は違う。

正規品が格安通販 PlayStation®Vita ブラック 携帯用ゲーム本体 - raghavaconstructions.in




殺人事件が起きた!



幽霊が出た!



終わり



簡単に言うと、こんな感じである。



このストーリー構成と一番似てると思ったのが、